二重埋没法が人気を集めている理由

ぱっちりとした大きな目は、顔立ちに華やかさと生き生きとした魅力を与えてくれるものです。美容外科クリニックでは、二重を形成する様々なタイプの施術が行われています。いくつかある施術方法の中で、もっとも人気だと言われているのが埋没法です。

なぜ埋没法を選ぶ人が多いのか、その理由や施術内容について詳しく見ていきましょう。


埋没法を選ぶ人が多い理由

二重切開や目頭切開など、目元に関する美容整形施術には様々な種類があります。施術にかかる費用やダウンタイムの期間、仕上がりの自然さなどは施術方法によって異なっています。埋没法が多くの人に選ばれている理由は、施術内容のシンプルさにあるでしょう。

メスを使用しない

埋没法による二重形成では、メスを一切使用しません。特殊な糸を用いて皮膚の内側から瞼を固定し、二重を作り出すといった施術です。糸で縫い留めるだけのシンプルな施術ですので、身体への負担が少なく施術跡が目立たないというメリットを持っています。

たとえば全切開法によって二重を形成した場合、皮膚の一部を切ることになるため、ごくわずかですが跡が残る可能性があります。縫合跡は徐々に薄くなるといわれていますが、完全に消えることはありません。埋没法の場合も、施術後1週間程度は縫い留めた部分が内出血等の理由によって目立つ可能性があります。

しかし切開や縫合を行うわけではありませんので、やがて跡は薄くなりほとんど見えない状態になっていきます。メスを使用しない施術ですから、跡が残りにくいだけでなく入院が必要ないというメリットも持っています。施術自体もごく短時間で完了するため、日帰りで受けられる手軽な二重術として人気を集めているのです。

さりげない変化が魅力

さりげなくナチュラルな二重を作ることができる、それも埋没法が持つ魅力の一つです。皮膚を切る施術とは異なり、元の瞼に少し手を加えて形を変えるという方法ですから、目の印象が全く違ってしまうということは基本的にありません。

元の目よりも少し大きく見せたい、二重にしてちょっとだけ印象をチェンジしたい、そんな場合に最適な施術だといえるでしょう。

修正しやすい

埋没法は修正しやすいというメリットも持っています。万が一期待していたような仕上がりにならなかったとしても、糸を抜いてやり直すことが可能なのです。皮膚を切開して瞼の脂肪を除去するような施術だと、やり直しはかなり難しくなってしまいます。

しかし埋没法は縫い留めるだけの簡単な施術ですので、結果に納得できなかった場合には再施術によって理想の仕上がりに近づけることが可能なのです。

ただし短期間のうちに何度も再施術を行ってしまうと、炎症等のトラブルを起こす可能性があります。

埋没法は施術後一定期間内であれば、元に戻すこともできるといわれています。二重にしたが元に戻したくなった、そんな場合も埋没法なら比較的安心です。施術後長期間経過すると糸が身体の組織と癒着してしまうため、完全に元に戻すことは難しくなります。

埋没法が向いている人とは

埋没法が向いている人は、元の目の形を活かしつつ自然な二重になりたいという人でしょう。全切開法のようにくっきりとした二重を作ることはできませんが、その分仕上がりがナチュラルになります。目の印象を少し変えたいが大がかりな手術には抵抗がある、そんなタイプの人に向いている方法です。

初めて美容整形をする人、二重術に興味があるが元に戻せないのは不安だという人にも適した施術だといえるでしょう。

埋没法が適さないケース

埋没法が向いていない人とは、どんなタイプでしょうか。最初に挙げられるのは目の印象を大きくチェンジしたい人や、幅の広いくっきりとした二重になりたい人です。皮膚の内側から数箇所を縫い留めるだけという施術ですので、元の目の形を大きく変えたい場合には適していないといえます。

埋没法では目の横幅を変化させることはできませんので、今よりも切れ長な目になりたいという人にも向かない方法だといえるでしょう。

瞼の脂肪が多く皮膚が厚い方にも、埋没法はあまり適していない施術だといわれています。縫い留めて二重を形成しても、脂肪や皮膚の厚みがなくなるわけではありません。このため二重が綺麗に形成できなかったり、短期間で元に戻ってしまう可能性があります。

瞼に脂肪が多い方の場合は、脂肪そのものを取り除くことができる切開法の方が向いているかもしれません。

副作用とダウンタイム

埋没法はシンプルかつ身体への負担が少ない施術ではありますが、副作用のリスクが一切ないというわけではありません。まず施術後、短期間ではありますが瞼に腫れが生じたり、縫い留めた位置に内出血ができる可能性があります。

腫れが消えるまでの期間は、瞼が開きにくくなったり違和感を覚えることもあるでしょう。またごく稀にですが患部に炎症が生じ、感染症を引き起こすこともあるといわれています。この場合抗生物質によって対処しますが、炎症が収まらなければ糸を抜き取ることになります。

埋没法のダウンタイムは、切開法と比較すると短めです。腫れが生じている間は入浴を避ける必要がありますが、シャワーだけなら施術の翌日から浴びることも可能です。腫れがおさまるまでの期間は体質等によって異なり、大体1週間から3週間程度とされています。

施術料金について

通常、埋没法の費用は何箇所を縫い留めるかによって変わってきます。縫い留める箇所が多くなるほど、料金が高くなるといった仕組みです。何箇所縫い留める必要があるかは、瞼の厚みや理想としている仕上がりによって異なってきます。

瞼が厚めな場合や、はっきりとした二重を作りたい場合には、3~4箇所ほど縫い留める必要があるかもしれません。埋没法の費用相場は一番安いタイプの施術で1万円程度、高い場合で20万円ほどといわれています。

埋没法の種類

埋没法には瞼板固定法と挙筋固定法、そして瞼板上端固定法という3つの種類があります。瞼板固定法は瞼板に、挙筋固定法は挙筋にそれぞれ糸をかけて結びつける施術です。瞼板上端固定法は瞼板と挙筋の中間に糸を入れる方法であり、瞼板固定法と挙筋固定法のメリットを併せ持つ施術だといわれています。

施術方法によって腫れの生じやすさ、効果の高さなどに違いがあるため、施術を受ける際にはそれぞれのメリットをよく比較して選ぶ必要があるでしょう。

参照元|二重埋没東京|ルネッサンス美容外科 > 二重まぶた埋没法|ルネッサンス美容外科